カメラを持ち歩くために

2018年、始まってもう2月も半ばを過ぎようとしていますね。
ほんとうにあっというまですね。これずっと言ってると思うけれど。

 

旅の予定が着々と決まってきたので、さあ次に考えるべきは荷物の持って行き方ですかね。
ずいぶん前は街用の大きめリュックなんかで飛行機に乗ったりもしてた気がします。
それが数年前にようやくちゃんとしたバックパックというものを手に入れて、
これはすごい!すごい!と喜んでいたのも束の間。
メインのカメラがブロニカGS-1になってからなかなかしっくりこなくなってしまった気がする。

まず、以前購入したカメラバッグはこれ。

クールマンシドニープロマキシマ300というショルダータイプのもの。
横のジッパー付きポケットがなかなか便利。
これいつ買ったんだろう……

で、数年前に購入したバックパックはこれ。かな?なんか画像で見ると印象違うなぁ。

フェニックスというメーカーの30リットルのもの。
背中のメッシュのパネルがカーブしてて、それが中の空間にも影響してるので、
箱のようなカメラを仕舞おうとするとなかなかいい感じの位置が見付からないというもやもやが発生したのですよね…

昨年の北海道はこれと、パートナーの大きなバッグにも荷物を入れさせてもらって行ったんだよな……
荷造りが致命的に下手なのと、荷物がなんでか多くなってしまうのが大きな問題でした。

 

それなら大きなバックパックを買えばいいんじゃないか、と最初は思ったので、
ネットで『カメラも入れたいし大容量で二気室で機内持ち込み可能』なんかで調べた結果、
カリマーとミレーがいいんじゃないかと思ったのですが…
実際に見てみたら、どちらも思いのほか縦長だったのですよね。
(一説によるとヨーロッパのメーカーは縦長タイプが多くてアメリカのメーカーは幅広タイプが多いらしい?)

機内持ち込みオッケーでした!って言われてもこの縦長感はちょっと不安…というときにお店で見つけたのは、オスプレーのバックパック。
しかも調べたらオスプレーとはミサゴという意味らしい!!!なんと!!!
鳥好きとしてはこれは見逃せない情報、というわけで、オスプレーのものからいいのを探そう!と決めたのですが……

 

結果的にいうと、今回はNikon×MILLET アイガーグレッチャー33というバックパックになりそう!です!!
(予算をだいぶオーバーしていますが)
結局カメラバッグになりそう。


先日用事で大阪に行った際、ついでにニコンサロンにも寄って実物を見てきました。
(人が少なかったのでじっくりゆっくり試させてもらえました。店員さん優しくてよかった)

 

33リットルなので、旅用としてはちょっとサイズが小さいかもしれない。
でも、普段どこかに撮影に行くときなんかは、中判カメラだけでなくデジイチも入れても余裕で動けそう!予備レンズも入りそう!
造りもしっかりしているし、ポケットとかちょこちょこしたところが本当に使いやすそう。
機内持ち込み…はサイズ的にどうだろう?ちょっと超えてるけど、パンパンにしなければいけるかなぁ。

そういえば結果的に最初に候補にあがっていたミレーに戻ってきている………!

 

色々自分の中で順序があって今すぐには買えないので、もしかしたらまたしばらくしたら考えを改めるかもしれない。
でもとりあえず今は、このバックパック買うつもりでいろいろ考えていきたいと思います。

使ったひとの感想が意外とないのがちょっと気になるなー。みんなあんまり買ってないのかな…

 

そして次に考えるべきは荷物をどうやって減らすか、ですかね。
これほんとうに難しい。なんで荷物増えるんだろう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください