時間旅行。

パートナーと昔行った 福岡旅行の話をしたのだけれど
その旅の事をお互いがほとんど覚えていませんでした

全ての映像が霧がかっていて
現地に電車で行ったのか飛行機で行ったのかすら記憶にありません

一つだけ覚えているとしたら
自信満々で地図を頼りに すたすた歩く彼女の後ろをついて行ってたら
目的地とは逆方向へ歩いて行ってしまっていっていた という場面くらいです

すっかり 街は薄暗くなっていて
目的地のお菓子屋さんの内装はとってもレトロで ケーキは老舗の味がしました

今日の。


とりあえず100日続けばいいな と思ってはじめて
100回で終わりの予定が またなんとなくSNSにのっけています

いつもはスマホのカメラで撮ってそのまま投稿していた絵を
今日はスキャナで読み込んで 明るさを調節してブログ用にしてみました

こんな植物あるような ないような
そんな雰囲気の絵を描いていきたいなぁと思っています

ずいぶん昔の話になるけど
姪が2歳の頃 二人きりで留守番をした事があった

彼女の母である妹にゆっくり買い物しておいでねー!と言ったものの
おもちゃも絵本も手元にない

うーーんなにしよっか?絵でも描く?という話になり
姪の好きな物 知っている物を絵に描いて遊ぶ事にしました

絵を描いている姿がめずらしかったのか
描いている僕をじーっと見ていたのを覚えています
すんごい近距離で見ていました

彼女も真似をして絵を描こうとしていましたが
ペンもうまく持てないし 円だって上手くかけません

「どうやったら上手にかけるようになるの?」と聞かれたので
「毎日描いたら上手くなるよ」と答えました

すると 彼女は本当に毎日 毎日絵を描いてて
幼稚園に上がっても 朝家を出るまで絵を描き続けて
小学校に上がっても 相変わらず暇な時間は絵を描いてる
彼女の今のマイブームは自画像

あいつの毎日お絵かきは ここからはじまったのか・・・
胸があつくなるぜ

チョキチョキイラスト

広さが伝わらない写真。

友達とさよならをする時に

「私はいつも いるからね」と言ってくれました

「うん またすぐ会うよ」と返事をしました

旅の思い出話と 楽しい気持ちが残りました

外の声をききすぎて 影響を受けすぎて
自分の声がきこえにくくなっていませんか?

もどる。

夏じゃないのにほっかほかな 北の大地へ行ってきました
ほんの少しだけどこんな感じだったよ の写真です

3年前カヌーを漕ぎまくった釧路湿原 
今回は自分の脚で巡る
いけどもいけども湿原 とにかく広かった
この日の北海道は記録的な暑さでしたが 南国育ちにはちょうどよい
湿度の低い気持ちいい風 すぐに汗も乾きます

3時間ほどうろうろしたと思います
植物の記録をしたり 双眼鏡をのぞいて野鳥を眺めたり
次の事なんて気にしないで のんびりと気が済むまで歩きました
この日はエゾシカやタヌキ アカゲラ ムシクイが見られました

贅沢な湿原うろうろです

何年か前に寄り道した森にまた寄り道
釣り人の森

こちらはお宿の窓から見た森
国立公園内のお宿です 念願のクマゲラが枯れ木の周りをちょこちょこしてて
部屋から観察できました 写真は撮ったんだけど 今日はないよ

今回はとりあえず風景だけ
少ないですね

とにかく一か所をじっくり歩いて のんびりする旅でした
前回見られなかった湿原の木道を歩けたし
阿寒の原生林をトレッキングできたのもよかった
行く際は是非 現地のガイドさんに同行してもらうといいですよ
自然の知識も増えますし 道に迷うこともなく安全に歩けると思います

たった数日の旅だったのですが 
数か月神戸を離れていた感覚になってしまって
数日ぶりの街のはずなのに 違う風景に見えてソワソワしています

心だけがまだ帰ってきていない 
もう近くにいるはずなんだけど
気長に待ちます

ミチソレテ。

今年は少し遠くへ 皆でお花見

行先は去年 中国地方へ旅行をした時に たまたま立ち寄った神社です
当時は 1㎞の参道に沿いに緑色の桜が並んでいましたが
この日は見事な桃色 ぴったり満開の桜

こちらは神戸
僕にとっては懐かしい桜の風景で
姪が生まれたばかりと時によく散歩をした道です
彼女は今年の春 小学2年に進級しました

さようなら
自分の中にたまっていたイメージをどんどん外へ出していこう
一日一日が目まぐるしく 猛スピードで過ぎていきます

向かい風、ビュー!

友達にお菓子を届けるってだけの目的だけ
約束はしてなかったので 会えない確率が高いけど
思い付きでバイクを走らせてみました

やっぱり家にはいなくて お菓子を玄関にかけて
寄り道しながら高速道路で神戸に帰ります

その道中に彼女から電話がありました
「久しぶり ありがとう。せっかく来てくれたのにごめんね。」

「こちらこそ、勝手にいってごめんね!」

「なんか、感動した。また、遊びにきてよ。」

また みんなで会う約束をした
少しの会話だったけど
有名な人の言葉とか
何かたいそうな事をしてきた人の言葉を山ほど読んでも
それは自分の体験ではない
僕を取り巻く人たちの何気ない一言や行動が
これまでもずっと重要だったし とても尊い

誰かを変えようとかそんなの おこがましい
寄り添って その人々への役割を果たしていきたい

さいごの夕日。

いままでの使っていたパソコンがうんとも すんとも言わなくなったので
宇宙みたいなパソコンを家にむかえ入れました
今日から 無限大のパソコンで投稿しています

それから 確定申告のついでに 事業内容の変更と更新をしてきました
自分の職業がもう何かがわかりません 「自由な職業」という事にします

昨日 「目に見えない世界を(日頃から僕が言っている なんだかわからない力とかの話 宇宙の事)信じてる?」
と いつも一緒にいる もう一人の僕に質問してみました

「私にとって それは日常だから 信じるとか信じないとかそういう感覚はないよ」
という回答がかえってきました
僕がそういう人だってのも 知ってるって

10年以上も一緒にいて 今更そんな事を聞いてみた僕も僕ですけど
「信じてる?」という質問の仕方は 信じていないかもしれない人への聞き方だったなぁ・・
照れ隠しに 僕は屁理屈をたくさん言って誤魔化したけど・・・

自分にとって何かしらの媒体を使って表現すると言う事がなんなのか
はっきりした日でもありました

どうして?なんで?

ここ半年ほど僕が考えていた事
友達がメッセージとして発信していて
そうだよ そうだよね!って嬉しくなった

「自分や他者への善悪や優劣のジャッジをもうやめよう
ジャッジメントは人生を窮屈にしてしまう」

「僕たちはいつでも完璧である」 と

僕は感じている事を言葉にするのが苦手です
感覚として自分の中にある こういう気持ちを外に出して言いたいんだけれど
なかなか出てこないんですね
だから 写真を撮ったり 絵を描いたりしているのだと思うけど

日々の生活を なにげな~くしていても
無意識というか 自分が物質世界で使っている力を超えた
なにか 目に見えない力が動いているな と感じる時があります

小さな事なんだけれど 自分が欲しい情報が突然手にはいったり
僕の人生のたった一瞬の為だけに 目の前に現れて去って行く人がいたり
でも それはどこかの出来事と繋がっていて 僕の意識の範囲内というよりは
もう少し大きな力なんだけど でもその力も僕のもので・・・

うまく行かなくて考えてしまう時
そういう へこんだ自分の感情もすごく大切で 愛おしいとも思えますよね
わざわざこんな時に こんな事がおこらなくていいのに・・
そんな時だって なんだかすごいなぁと思うんですよね

何もない 無な所に 何か起きないでしょ
やっぱり何かあるのさ なんだろうね
何かあるから起こったんだね

そんな時だって どこからかサポートが入るよ
どこからだろう わからないけど
だから投げやりにならないで 後回しにしないで しっかり受け止めて
次のステージに進みます

うまく言えないんだけれど
今日も大都会の街で一人で困っていたら 見ず知らずの素敵な人に助けられて
やっぱり 宇宙ってすんごいなって思ったのです

また でっかいどうにいくどー

旅をはじめる日。

バイクで少し遠くへ
車で遠くへ

電車や飛行機を利用し さらに遠くへ

10年と何年か 一緒にいて
小さいトイカメラから一眼レフ 今は中判カメラやデジタル一眼レフ
機材がグレードアップして出来ることも増えてきました

二人の写真は一枚もないけれど
お互いがそれぞれの目で見てきた風景は
今もちゃんと残ってる


おもいつきで斜里のホテルから知床横断道路を抜けて
羅臼を経由して野付半島へ約130㎞

途中の霧がかった風景が綺麗でした

この日は屈斜路湖近くのホテルまで トータル290㎞ほど移動
北海道って本当に広い

確かこの日は旅の3日目でのんびりとした一日だった気がします

 

 

先月の終わり

道案内をしたお礼にと 桜の枝物を頂いたり
周りの人から桜にまつわる話を聞くことが増えてきて
春の訪れを感じています